歯周病予防・矯正など女性専門の歯医者
大阪府泉大津市のとしな歯科

【“わがまま”請け負い歯医者】

事例紹介

“直す”より“治す”

 

自然治癒力を最大限に活用させる

 

“女性専門”削らない歯医者 年名 淳です

 

 

今日のブログは、2,645日目♪

 

子どもにとって

 

年末年始は楽しみが多いですね。

 

 

 

クリスマスプレゼントにお年玉♪

 

 

 

ちなみに

 

アメリカでは

 

Merry Christmas and Happy New Year

 

と言われるので

 

プレゼントは“ひとまとめ”かも知れません。

 

 

 

ならば

 

日本のお子さんはラッキーです(笑)

 

 

ただ

 

「プレゼントをもらうのは子ども権利」ではなく

 

“お利口”さんへのご褒美なわけで…

 

 

 

それには

 

普段が“ワガママ気まま”ではいけません。

 

 

 

そういうことを教えられて

少しずつ社会性が備わっていきます。

 

 

私たち医療人が扱っているのは“生き物”で

 

「生体」とか「生理」を相手にしています。

 

 

 

 

カラダの生理機能が求める『ワガママ』には

 

逆らえません。

 

私たちプロは常に意識しています。

 

 

 

 

患者さんを拝見していて

 

カラダの生理に逆らう希望=ワガママを

 

求められる患者さんがいらっしゃいます。

 

 

 

75歳の女性・Y様が

 

「黒く見える前歯の三角を埋めてほしい」

 

と望まれました。

 

 

とくに“センター”の①の三角です。

 

 

「見た目が悪い」

 

「息が抜ける」

 

「食べ物が溜まる」

 

お気持ちは分かります。

 

 

 

これはカラダの生理に反する

 

単なる“ワガママ”なので請けられません。

 

 

 

歯周病によって

 

歯を支える骨が減ってしまうと

 

それに伴って歯ぐきも退縮します。

 

 

 

歯ぐきが痩せちゃうのです…

 

 

 

レントゲン検査で

 

白のラインが「歯を支える骨のレベル」

 

約2mmのところに歯ぐきのラインがある

 

これが“カラダの生理”です。

 

 

 

 

あの“三角”に何かを詰めても

 

不衛生になってしまうので

 

カラダはそれを求めていません。

 

 

 

 

もしも“三角”を無くすか狭くするには

 

骨を増やす「再生療法」です。

 

 

 

お求めならば

 

高度な治療を提供されている

 

歯周病専門医をご紹介しています。

 

 

 

 

加齢による歯肉退縮の要素もありますので

 

“カラダが求める「ワガママ」”を尊重すべきで

 

現状を受け入れていただくのが適切と思います。

 

 

 

 

レントゲン写真を合わせるとこんな感じです↓

 

 

 

ご予約・お問い合わせ

住所 〒595-0024 大阪府泉大津市池浦町2丁目6-29
マップを見る
休診日 毎週 木・日曜日・祝日
診療時間 午前 9:30~13:00
午後 14:00~17:30(土曜日除く)
土曜日のみ(9:30~13:00)
としな歯科医院のHP

           

“直す”より“治す”
削らない歯医者

                                               
名前年名 淳
住所大阪府泉大津市

Profile

 噛めない辛さ、歯をなくす不安や「何かしみる」などの歯の悩み、「もうどうしようもない...」と諦めていませんか? 当院はそうした患者さんをたくさん完治させております。 その秘密は、当院独自の診療スタイルにあります。 具体的には

  • (1)詳しい診査と精密な診断
  • (2)オリジナル術式の開発
  • (3)十分な診療時間の確保
  • (4)充実した豊富な器具・設備
  • (5)女性スタッフによる丁寧なヒアリング
  • (6)キャリア 34年のベテランドクター

 これらによって、「もうどうしようもない」と諦めているあなたの歯を一生懸命治療させていただきます。

プロフィールはこちら

人気記事(月間)

まだデータがありません。

月別記事