歯周病予防・矯正など女性専門の歯医者
大阪府泉大津市のとしな歯科

【想定外の悲劇に驚く歯医者】

削らない

“直す”より“治す”

 

自然治癒力を最大限に活用させる

 

“女性専門”削らない歯医者 年名 淳です

 

 

全ての動物に備わっている「生存本能」は

 

生きていくために必須の危険回避です。

 

 

 

私たち人間も同様で

 

「快楽を求める」よりも「苦痛から逃れる」のが

 

本能的に備わっています。

 

 

 

何ごとにおいてもリスク(危険)要素を考慮して

 

行動に移す習性があります。

 

 

 

歯科医として患者さんのサポートをする時には

 

「こんなにダメージが大きかったら?」

 

予想の幅を広げていろいろと対策を練ります。

 

 

 

しかし

 

昨日お話しした20代男性の奥歯のムシ歯は

 

楽観的な見立ての方が強く

 

思いのほか悪くなってしまっていました。

 

 

↓昨日の記事です

https://toshina-dental.com/blog/4543/

 

(ご紹介する画像が一部重なりますが)

 

 

 

 

 

 

 

 

「小さなムシ歯」のはずが

 

意外に「深いムシ歯」だったけど

 

さすがに神経(歯髄)は残せるだろう…

 

と目論んでいました。

 

 

 

 

ところがところが

 

IPC法で経過観察している期間中に

(IPC法:昨日の記事をご覧ください)

 

「物を噛んだら変な感じがする」

 

と症状を訴えられました…

 

 

 

まさか!

 

と思いながら精密検査(CT)で調べたところ

 

 

 

ムシ歯菌の感染(進行)が

 

神経(歯髄)を腐らせて

 

根っこの先から骨へ出て溶かして

 

さらに鼻の粘膜まで腫れさせた

 

 

 

 

「小さい」と思っていたムシ歯が

 

こんな深くまでダメージを与えるなんて…

 

 

 

全身の他の病気と同じように

 

ゆっくり進行する場合は

 

ご本人が症状を自覚しないので

 

思いのほか悪くなっていることがあります。

 

 

 

「ガクッ!」って感じで落ち込みました。

 

 

通常の場合

 

根っこの中をキレイにすれば

 

鼻も骨も治るのですが

 

「治らないかも!?」と不安がよぎる状況でした…

 

 

 

それは…(専門的はことをお話しすると)

 

根っこの先っぽの形が崩れていたのです(歯根吸収?)

 

 

一本奥側の第二大臼歯の根が当たって

 

ダメージが大きくなっている感じ…

 

 

まさに「泣きっ面に蜂」でした。

 

 

 

根っこの先が吸収されている状態では

 

治療の成功率が半分くらいまで落ちてしまいます…

 

 

もしも治らない場合は…

 

抜歯するしか手立てはありませんショック!

 

 

 

まさか!

 

20歳そこそこで第一大臼歯を失う…

 

悲しすぎます…残念です…

 

 

 

ご本人には

 

最悪の場合をご説明しつつ

 

歯を抜かない=温存療法に挑むこともお伝えしました。

 

 

 

あきらめて「抜歯」するなんて決断は簡単です。

 

 

 

患者さんご本人もしっかり考えた上で

 

あきらめずに治療に臨んだ結果

 

(現在まで5年経っています)経過良好です。

 

 

手放しで喜べるものではありませんが

 

“一喜一憂”するような不安はほぼありません。

 

 

 

「カラダはどのように治してくれたか?」

 

明日ご披露します。

 

 

 

以上

 

今日のブログは2,902日目でした♪

ご予約・お問い合わせ

住所 〒595-0024 大阪府泉大津市池浦町2丁目6-29
マップを見る
休診日 毎週 木・日曜日・祝日
診療時間 午前 9:30~13:00
午後 14:00~17:30(土曜日除く)
土曜日のみ(9:30~13:00)
としな歯科医院のHP

           

“直す”より“治す”
削らない歯医者

                                               
名前年名 淳
住所大阪府泉大津市

Profile

 噛めない辛さ、歯をなくす不安や「何かしみる」などの歯の悩み、「もうどうしようもない...」と諦めていませんか? 当院はそうした患者さんをたくさん完治させております。 その秘密は、当院独自の診療スタイルにあります。 具体的には

  • (1)詳しい診査と精密な診断
  • (2)オリジナル術式の開発
  • (3)十分な診療時間の確保
  • (4)充実した豊富な器具・設備
  • (5)女性スタッフによる丁寧なヒアリング
  • (6)キャリア 34年のベテランドクター

 これらによって、「もうどうしようもない」と諦めているあなたの歯を一生懸命治療させていただきます。

プロフィールはこちら

人気記事(月間)

まだデータがありません。

月別記事